Love for the hair

今泉亮爾さん
Ryoji Imaizumi

Ryoji Imaizumi

今回の作品コンセプトは「Love is Timeless」ということですが、どんな想いが込められていますか。

R みんなが持っている自分のイメージは、モノを載っけたり、ちょっと変わった、奇抜なことをやるというもの。モノを使った作品は面白いですし、自分も好きで、これまでいろいろとやってきました。ヘアだけというのは難しいですし、ある程度いくとやはり限界があるんです。でも、自分は「ヘアスタイリスト」という肩書きで始めたので、原点に戻ってヘアでチャレンジしてみたいなと。ですから、今回はチャンスだなと思いました。

R ヘアだけでやるルックというのは、古くならないんです。自分は昔からよく、「リョウジくんのヘアって、10年前にやったのを見ても、今でもかっこいいよね」と言われるんですが、それこそが「Timeless」なのかなと思って。永遠の作品になるというか……。ヘアでつくるTimelessなデザイン、それも、今までやったことがないことにチャレンジするというのが、今回のポイントかなと思いました。プラス、クラシックにも見えるんだけど、不思議な感じがするもの。それがヘアデザインの魅力なのかなと。だから、メイクはあえてモデルを生かしたものにしています。

R 今回の作品では、地毛にウィッグも混ぜて表現していますが、自分はヘアデザインをするとき、たとえモノをつけるにしても、絶対に馴染んでいたいんですよ。これは、いつもいちばん気をつけていることです。自分のなかでの絶対のプライドというか、守っていきたいところで、そこだけはどうしても妥協したくない。そうでなければ、プロのヘアアーティストとは言えないんじゃないかと思っています。
R 自分は、最初はNY、その後パリ、またNYと、23〜24年海外で生活して、しかもパリでデビューしているので、ずっと外国の人と一緒に仕事をしてきました。パリコレやNYコレクション、海外版VOGUEの撮影など、世界のいろいろな場所で仕事をして、見てきているんですが、そういったところでは、クラシックというか、“絶対美しい”という要素があるんですよ。そこまでいかないと、「ダメだね」となるので、その要素は必ずないといけないんです。だから、面白いことをやるにしても、クラシックなものもできないといけないと思います。いろいろなことを全部マスターして、究極のところまできたうえで「次は異素材かな」と。そして「その次に何か」といったら、また原点なんです。そんなふうに行ったり来たりするのかなと思っています。

これまでのご経歴についておうかがいします。16歳で渡米されて、向こうの学校に行かれたということですが、なぜ海外に出られたのでしょうか。

R 高校生のときに渡米したのですが、当時は先生の暴力などもあったりして、日本の学校とは合わないなと思っていたんです。それで高校を中退したんですが、両親はせめて高校くらい卒業して欲しかったみたいで(笑)。それまで海外旅行とかに連れていってくれていたこともあり、高校くらいは……という両親の思いもありで、「アメリカの高校に入れるよ」ということになったとき、「面白そうだね」と。それで渡米したんです。

当時から、ずっとアメリカにいるのかなという思いがあったので、現地の「Arizona beauty college」を卒業しました。両親は、NYで修業して技術を身につけて、日本でヘアサロンを開くつもりだったんですが、自分は日本に帰って美容師をやろうとは、まったく思わなかったですね。また、当時はヘアアーティストになるなんて、夢にも思っていませんでした。そんな職業があるなんて、想像もしていなかったんです。美容師、カッターというイメージしかありませんでした。

でもNYで「Bumble and bumble」というサロンに行ったとき、「editorial fashion stylist」という存在を知ったんです。彼らはサロンにはまったくこないんですが、たとえば雑誌をやったとき、marie claire誌ならば「marie claire for Bumble and bumble」というようにクレジットされる、サロン付きのヘアアーティスト。「Bumble and bumble」で雇っていたのが、自分の師匠のLaurent Philipponという人で、当時はLaurentだけでなく、Eugene Souleimanというすごい人がいたり……そういう人たちのファッション撮影のお手伝いに行って、彼らの仕事を見て、「この仕事かっこいい!」「俺、本当はこれがやりたいんだ!!」と。

日本だとヘアメイクの両方をやる人がいますね。向こうはヘアとメイクが完全に分かれているので、自分はメイクはできません。自分のようなスタイルで仕事をしている先輩と、昔から「メイクとヘアはどっちが難しいか」という話をするんですが、どっちの難しさもあります。ただ、技術をざっくり覚えるのに、ヘアは5年かかるんです。メイクは2年で、ネイルは1年とか。ヘアはそれくらい技術が多様で、学ばないといけない部分があるんじゃないかなと思います。

日米仏と世界の美容をご存知ですが、この3カ国での違いはありますか。

R 仕事ではどこでも究極なものを求められるんですが、全体的な流れとしては、パリのほうがNYよりナチュラルな気がします。アメリカは「バリッ!!」としている(笑)。たとえばリップを塗るなら、唇の縁を塗っちゃう、みたいな。そのゴリッとした強さは、パリとは違います。パリはもうちょっとナチュラルで、落ち着いた、シックな感じ。

これはやはり、人の違いだと思います。街を歩いているちょっとイケてる女の子を見ていると、だいたいその街の雰囲気がわかる気がします。アメリカは強い感じで、パリは人それぞれの個人差を生かしているというか。だから、パリには日本人が好きな、憧れやすい部分があるかもしれないですね。アメリカにも素晴らしいものがいっぱいありますが、同じように真似ても、日本人はうまくいかないですから。

でも、どちらにもいい分と悪い分がたくさんあります。各国でいろいろなものがあって、そこにないものが自分は好きなのかな。日本も含めて3カ国、全部違いますし、どれがいいと言うのは難しい。それぞれですね。

日本はどういった印象でしょうか。

R 日本では、今はウエットヘアとかが流行っていますよね。自分はあまりプロダクトを使わないんですが、やっといろいろプロダクトを使い出したな、と思いました。あとは、美容師のなかにはカラーやカットなどでパンチのあることをする人もいますが、一般の人はコンサバティブ。みんなの意識が、「周りよりもちょっとおしゃれでいたい」という印象で、日本には個性を生かすような環境があまりないのかなと感じます。個性が強いと、日本ではけっこう生きにくいんですよ。自分がそうなのでよくわかります。支持される人からは圧倒的な支持を受けますが、それを嫌いな人もいる。でも、自分は突き通すべきと思っているから、気にしません。色があるって、そういうことなので。

日本の人は、そういうことをそこまで割り切っていないのかなって思うんです。みんなにいいと思われたい。それがスタイルに出てくると思います。スタイルも生き方の延長線上にあるので、生き方にも表れてくるのではと感じています。

それら日本の風潮も踏まえて、美容業界を目指している若い人に、エールをいただけますか。

R 若いときって、やってみるしかないんです。そして、もし可能なら、「その人になりたい!」というくらいの憧れの人の近くにいるといいですね。いい環境でいいアーティストが周りにいると、影響を受けますから。そこで10年続けていたら、たぶん、その憧れの人と一緒に仕事をしていますよ。あとは、続けることです。「継続は力なり」と言うように、続けられない人、飽きやすい人には限界があります。限界を突破するには、限界を超えるような努力をしなければいけないので。

でも結局は、いろいろなことに、なんでもトライしたほうがいいと思います。「自分とは何か」というのを見つめ直して、自分に何が合うのか、興味があればなんでも経験してみる。トライするのは、美容にかかわらず、なんだっていい。だって、美容だけじゃ面白くないですよ。もちろん最初のうちはファッションやフォトグラフィーを勉強していくでしょうけれど、結局は自分の好きなことがインスピレーションになります。危ないことでなく、それが自分の糧になるのであれば、何に興味を持ってもいい。英語も話せたほうがいいですし、海外にも出たらいいと思います。今はちょっと行きにくくなっていますが、いろいろな世界のものを見て欲しいです。美容道具もプロダクトも違うし、何を見ても面白い。もちろん食もです。自分は料理が好きで、イタリア人のようにパスタを作って食べたいので、よく作っています。だから、なんにでも興味を持ってやっていくのがベストだと思います。

素晴らしい作品と、奥深いお話をありがとうございました。